くきのうみ花火の祭典2024はいつ?有料席や駐車場、日程についても!

アフィリエイト広告を利用しています。

くきのうみ花火の祭典2024はいつ?有料席や駐車場、日程についても! 花火大会
スポンサーリンク

くきのうみ花火の祭典2024はいつ?有料席や駐車場、日程についても!詳しく調べて紹介したいと思います。開催日時は2024年7月20日(土)の20:0020:40までとなります。少雨の場合は決行されますが、荒天時は未定です。約4,000発の花火が打ち上げられる予定で、34万人もの来場者が見込まれています。打ち上げ場所は福岡県北九州市若松区の洞海湾と若戸大橋周辺です。 有料席では、協賛金を支払うことで特別観覧席での観覧が可能です。桟敷席(4名定員)は30,000円、久岐の浜協賛エリア入場券は5,000円、高塔山協賛エリア入場券は30,000円となっています。

スポンサーリンク

↓この記事でわかること
くきのうみ花火の祭典2024はいつ、何時から何時まで?
くきのうみ花火の祭典2024が見える場所はどこ?
くきのうみ花火の祭典2024の【穴場】はどこ?
くきのうみ花火の祭典2024に料金は必要?有料席の料金は?
くきのうみ花火の祭典2024の打つ上げは何千発?
くきのうみ花火の祭典2024の出店は何時頃から?
くきのうみ花火の祭典2024の駐車場や駐車料金は?
くきのうみ花火の祭典2024の見どころは?
くきのうみ花火の祭典の歴史は?
くきのうみ花火の祭典に必要なものはある??
くきのうみ花火のまとめ

について詳しく調べて紹介します。

くきのうみ花火の祭典2024はいつ、何時から何時まで?

「くきのうみ花火の祭典2024」は、2024年7月20日(土曜日)に開催される予定です。

打ち上げ20:00から20:40までの間に行われます。

ただし、天候の影響により変更となる可能性がありますので、最新の情報は公式ウェブサイトや公式SNSでご確認ください。

打ち上げ数は約4,000発、来場者数は約34万人と見込まれています。

打ち上げ場所は福岡県北九州市若松区の洞海湾、若戸大橋周辺です。

有料席をご希望の方は、協賛金を支払うことで特別観覧席での観覧が可能となります。

桟敷席(定員4名)の料金は30,000円、久岐の浜協賛エリア入場券は5,000円、高塔山協賛エリア入場券は30,000円です。

駐車場につきましては、無料の駐車場はございません。

有料駐車場がいくつか用意されていますが、交通規制が敷かれる予定ですので、公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

詳細につきましては、くきのうみ花火の祭典実行委員会事務局までお問い合わせください。

安全に楽しんでいただきますよう、お願い申し上げます。

くきのうみ花火の祭典2024が見える場所はどこ?

スポンサーリンク

「くきのうみ花火の祭典2024」は、福岡県北九州市若松区の洞海湾と若戸大橋周辺で開催されます。

花火は洞海湾の中央に浮かべられた台船から打ち上げられ、また、若戸大橋からは全長260mの壮大なナイアガラの滝を観賞することができます。

観覧場所としては、久岐の浜エリアと高塔山協賛エリアがおすすめです。

久岐の浜エリアでは花火を間近で見ることができ、高塔山の展望台からは高い位置から花火を見下ろすことができます。

公共交通機関の利用をお勧めいたします。JR若松駅から徒歩3分、JR戸畑駅から徒歩5分で会場に到着できます。

車での来場は交通規制があるため、公共交通機関のご利用が便利です。

最新の情報は公式ウェブサイトや公式SNSでご確認ください。

皆様に安全にお楽しみいただけますよう願っております。

くきのうみ花火の祭典2024の【穴場】はどこ?

「くきのうみ花火の祭典2024」の見逃せない穴場スポットをご紹介いたします。

まず、JR戸田駅の目の前にあるイオン戸畑店の屋上は、風向きによっては会場と変わらず花火を楽しめる場所です。

トイレや飲食店も完備されているため、小さなお子様連れの方にもおすすめです。

次に、北九州市を一望できる高塔山展望台は、若戸大橋を眼下に望む絶景ポイントです。

特に恋人同士にはぴったりの場所ですが、人気スポットなので早めに場所取りをしておくことをおすすめいたします。

なお、会場周辺では交通規制が予定されておりますので、公共交通機関の利用をご検討ください。

最新の情報は公式ウェブサイトやSNSでご確認ください。安全に楽しんでいただけますよう、心よりお祈り申し上げます。

くきのうみ花火の祭典2024に料金は必要?有料席の料金は?

「くきのうみ花火の祭典2024」の観覧は無料ですが、より良い視点から花火を楽しみたい方のために有料席が用意されております。

有料席の利用には協賛金の支払いが必要です。

有料席の料金は以下の通りです:
– 桟敷席(4名定員):30,000円
– 久岐の浜協賛エリア入場券:5,000円
– 高塔山協賛エリア入場券:30,000円

これらの有料席からは、花火を素晴らしい視点で堪能することができます。

ただし、有料席の数に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。皆様に安全で楽しい時間を過ごしていただけますよう、願っております。

くきのうみ花火の祭典2024の打つ上げは何千発?

「くのうみ花火の祭典2024」の打ち上げ花火は約4,000発となっております。

この数は見る人々を十分に楽しませることができます。

ただし、天候やその他の事情により変更となる可能性がありますので、最新の情報は公式ウェブサイトや公式SNSで確認することをおすすめいたします。

皆様に安全に楽しんでいただけますよう願っております。

くきのうみ花火の祭典2024の出店は何時頃から?

「くのうみ花火の祭典2024」の屋台営業時間は、ほとんどが16時頃から始まります。

花火の開始は20時ですので、早めに会場に行って屋台でお買い物をしてから、ゆっくり花火を楽しむことができます。

ただし、屋台の閉店時間は早く、花火大会終了と同時に閉店してしまいます。

花火大会の終了時間は20時30分です。

また、人気の屋台は売り切れてしまうことがあるので、屋台でお買い物をご希望の方は、余裕をもって花火大会の始まる前にお買い物をされることをおすすめします。

くきのうみ花火の祭典2024の駐車場や駐車料金は?

「くのうみ花火の祭典2024」では、無料の駐車場は用意されていません。

しかし、有料の駐場がいくつか利用可能です。

以下にその詳細をご説明いたします。

まず、若松駅第一駐車場は24時間利用可能で、60分100円から最大12時間400円までとなっております。

収容台数は90台です。次に、戸畑駅立体駐車場は24時間利用可能で、30分100円から最大12時間毎に500円までとなっており、容収台数は173台です。

最後に、戸畑駅自動車整理場は24時間利用可能で、60分100円からとなっており、収容台数は52台です。

ただし、この祭典の期間中は交通規制が敷かれる予定ですので、公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

最新の情報は公式ウェブサイトにてご確認ください。

安全で楽しい祭典となりますよう、お願い申し上げます。

くきのうみ花火の祭典2024の見どころは?

「くのうみ花火の祭典2024」の魅力をご紹介いたします。

まず、大輪の花火が洞海湾の台船から打ち上げられます。

漆黒の夜空に鮮やかに咲き誇る姿は、まさに満開の大輪の花のようです。

次に、ジャズなどの音楽に合わせて打ち上げられる花火は、視覚と聴覚の両方を楽しむことができます。

音楽と花火のハーモニーは、他の花火大会にはない魅力を持っています。

さらに、若戸大橋に仕掛けられる長さ260mの仕掛花火「ナイアガラ」は、洞海湾に降り注ぐ光のシャワーのような美しさがあり、その大迫力は見る人々を圧倒します。

そして、海上花火ならではのロケーションの良さも見どころの一つです。

洞海湾の中央から打ち上げられる花火は、水面に映る光景が壮観です。

これらの素晴らしい見どころを楽しむためには、早めに会場に到着し、良い観覧スポットを確保することをおすすめいたします。

最新の情報は公式ウブェサイトでご認確ください。

安全に楽しんでいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

くきのうみ花火の祭典の歴史は?

「くのうみ花火の祭典」は、1986年から続く北九州市の代表的なイベントです。

毎年7月20日前後に洞海湾で開催され、30万人を超える観客が訪れます。

この花火会は、地域の活性化と北九州港洞海地区の発展を目的として実施ています。

打ち上げ花火や仕掛け花火、音楽に合わせた「音楽花火」など、さまざまな種類の花火が披露されます。

特に注目を集めるのは、若戸大橋を使った長さ400mの「ナイアガラ花火」です。

地元の人々だけでなく、遠方からも多くの観光客が訪れ、地域の活性化に大きく貢献しています。

今後も、より多くの方々に楽しんでいただけるよう、さらなる発展を目指していきます。

安全にお楽しみください。

くきのうみ花火の祭典に必要なものはある??

「くのうみ花火の祭典2024」にご参加いただく際は、以下の準備をお願いいたします。

観覧チケットが必要な有料席をご希望のは、チケットをお求めください。

無料の自由観覧エリアもございますが、座席の確保が難しい場合がございます。

夜間の開催となりますので、気温の低下に備え、防寒具の用意をお勧めいたします。

また、レジャーシートを敷いて休憩することができます。ただし、立ち見は禁止されておりますのでご注意ください。

会場内には飲食の出店がありますが、混雑が予想されます。飲食物の持参も可能ですので、ご検討ください。

会場内のゴミは各自で持ち帰っていただくことになっておりますので、ゴミ袋の準備をお願いいたします。

会場周辺には専用駐車場がございませんので、公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

これらの準備をしていただき、「くきのうみ花火の祭典2024」を心ゆくまでお楽しみください。

くきのうみ花火のまとめ

「くきのうみ花火の祭典2024」の詳細をお知らせいたします。

まず、本イベントは2024年7月20日(土)の20:00から20:40の間に開催されます。

約4,000発もの花火が打ち上げられる見応えのある祭典となっております。

観覧につきましては、無料でご覧いただけますが、より快適な鑑賞体験をお求めの方のために有料席もご用意しております。

桟敷席(4名定員)は30,000円、久岐の浜協賛エリア入場券は5,000円、高塔山協賛エリア入場券は30,000円でございます。

会場への交通手段につきましては、無料の駐車場はございませんが、有料の駐車場がいくつか設けられております。

ただし、当日は交通規制が敷かれる予定ですので、公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

当日の見どころといたしましては、迫力ある大輪の花火、音楽とのコラビネーション、ナアイガラの滝のような演出、そして絶景の会場ロケーションなどが挙げられます。

ぜひ、この機会に「くきのうみ花火の祭典2024」をお楽しみください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました