山形花火大会2024はいつ?穴場や有料席に駐車場、日程についても!

アフィリエイト広告を利用しています。

山形花火大会2024はいつ?穴場や有料席に駐車場、日程についても! 花火大会
スポンサーリンク

山形花火大会2024はいつ?穴場や有料席に駐車場、日程についても!詳しく調べて紹介したいと思います。山形大花火大会2024は、毎年恒例通り、2024年8月14日(水)に開催される予定です。打ち上げ時間は19時から21時を予定しており、開催場所は霞城公園とその東側の県民ふれあい広場となています。穴場スポットとしては、霞城公園、やまぎん県民ホール広場周辺、西公園、富神山(とかみやま)などが挙げられます。それぞれ、広々とした空間や打ち上げ場所からの距離、視界の良さなどの特徴があります。

スポンサーリンク

↓この記事でわかること
山形花火大会2024はいつ、何時から何時まで?
山形花火大会2024が見える場所はどこ?
山形花火大会2024の【穴場】はどこ?
山形花火大会2024に料金は必要?有料席の料金は?
山形花火大会2024の打つ上げは何千発?
山形花火大会2024の出店は何時頃から?
山形花火大会2024の駐車場や駐車料金は?
山形花火大会2024の見どころは?
山形花火大会の歴史は?
山形花火大会に必要なものはある??
山形のまとめ

について詳しく調べて紹介します。

山形花火大会2024はいつ、何時から何時まで?

山形花火大会2024は、毎年8月14日(水曜日に開催される予定です。

打ち上げ時間は19時から21時を予定しています。

開催場所は霞城公園とその東側の県民ふれあい広場です。

有料席には、以下のような種類がございます:
– ペア席(2名掛け):10,000円
– A席(4名掛け):30,000~35,000円
– F席(1名用ブルーシート):3,000円

穴場スポットとしては、霞城公園、やまぎん県民ホール広場周辺、西公園、富神山(とかみやま)などがおすすめです。

駐車場は会場近隣にはございませんが、ビッグウィング(無料:約1,100台)、霞城セントラル(有料)、あかねヶ丘(無料:250台)、県工業技術センター(無料:約100台)などをご利用いただけます。

当日は混雑が予想されますので、公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

最新の情報は公式ウェブサイトをご確認ください。

花火大会を楽しむためには、事前の準備と計画が重要です。

ぜひ参考にしてください。

山形花火大会2024が見える場所はどこ?

スポンサーリンク

山形花火大会2024の鑑賞におすすめの場所は以下の通ですり。

霞城公園は打ち上げ会場から少し離れていますが、広々とした空間で混雑も少なく、花火を鮮明に観賞できます。駐車場も無料で利用可能です。

やまぎん県民ホール周辺は霞城公園の近くにあり、花火鑑賞にも適しています。

西公園は会場の南側に位置し、前方の視界が開けているため、ゆったりと花火を楽しめます。無料の駐車場もあります。

富神山の展望台からは、打ち上げ会場から少し離れた場所ですが、市内の夜景と花火のコラビネーションを楽しめます。

ただし、当日は混雑が予想されるため、公共交通機関の利用をおすすめします。

最新の情報は公式ウェブサイトでご確認ください。

事前の準備と計画が重要です。

山形花火大会2024の【穴場】はどこ?

山形大花火大会2024の穴場スポットといたしまして、以下の場所をご紹介させていただきます。

霞城公園は、打ち上げ会場から少し離れておりますが、広々とした空間で混雑も少なく、花火がはっきりと見えます。

駐車場もございますので、無料でご利用いただけます。

やまぎん県民ホール広場周辺は、霞城公園の近くにあり、花火鑑賞におすすめの場所です。

西公園は、花火会場の南側にある公園で、打ち上げ場所からは少し離れておりますが、目の前に視界を遮るものがなく、ゆったりと花火を観賞できます。

無料駐車場もございます。

富神山(とかみやま)は、打ち上げ会場から少々離れた場所ですが、山頂に展望台があり、花火を見下ろす形で市内も一望できます。

夜景と花火のコラボレーションをお楽しみいただけます。

当日は混雑が予想されますので、バスや電車などの公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

最新の情報は公式ウェブサイトなどでご確認ください。

花火大会をから心お楽しみいただくためには、事前の準備と計画が重要でございます。

ぜひ、ご参考にしていただければと存じます。

山形花火大会2024に料金は必要?有料席の料金は?

山形大花火大会2024の観覧につきましては、基本的に無料でご覧いただけます。

しかしながら、より良い視界と快適な観覧環境をご希望の方のために、有料席が設けられております。

有料席の料金は以下の通りとなります:

– ペア席2名掛け): 10,000円
– A席(4名掛け): 30,000円~35,000円
– F席(1名用ブルーシート): 3,000円

ただし、有料席の数に限りがございますので、事前のご予約が必要となります。

一方、有料席以外の場所での観覧は無料ですが、混雑が予想されますので、早めの場所取りをおすすめいたします。

最新の情報につきましては、公式ウェブサイトなどをご確認ください。

花火大会を心からお楽しみいただくためには、事前の準備と計画が重要でございます。

ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

山形花火大会2024の打つ上げは何千発?

山形大花火大会2024の打ち上げ数は、昨年と同じ約9,000発となる可能性がございます。

ただし、例年通りであれば約2万発となる可能性もあります。

これらの情報は予想に過ぎませんので、最新の情報は公式ウェブサイトなどでご確認くださいますようお願いいたします。

花火大会を心から楽しんでいただくためには、事前の準備と計画が大変重要でございます。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

山形花火大会2024の出店は何時頃から?

山形花火大会2024の駐車場につきましては、会場付近には駐車場がございませんので、近隣の有料駐車場をご利用いただくことになります。

具体的な場所としましては、以下のようなところがございます。

ビッグウィングでは無料で、約1,100台の収容が可能です。

霞城セントラルは有料駐車場となっております。

あかねヶ丘では無料で、250台の収容が可能です。

県工業技術センターでは無料で、約100台の収容が可能です。

ただし、当日は大変混雑が予想されますので、交通規制が敷かれる可能性がございます。

そのため、バスや電車などの公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

山形花火大会2024の駐車場や駐車料金は?

山形花火大会は、毎年8月14日(月)に山形県山形市の須川河畔で開催される、県内最大規模の花火大会です。

18:30から20:00までの2時間にわたり、約1万5000発もの花火が次々とち上げられます。

その美しさと迫力は、まさに感動的です。

特に見どころとなるのは、オープニングを飾る「遠州新居の手筒花火」です。

この手筒花火には200年以上の歴史りがあ、降り注ぐ火の粉は圧巻の一言です。

観覧エリアは霞城公園東側の県民ふれあい広場に設置されており、尺玉の連続打ち上げや大花火を間近で楽しめます。

また、混雑を避けつつ花火を鑑賞できる穴場スポットも多数ありますので、ぜひ訪れてみてください。

毎年4人万以上の見物客で賑わう山形大花火大会。

この夏、ぜひ足を運んで、壮大な花火の世界をお楽しみください。

きっと素晴らしい体験となるはずです。

山形花火大会2024の見どころは?

山形県山形市須川の河畔で開催される山形県最大規模の花火大会である「山形大花火大会」は、2024年8月14日(月)の18:30から20:00にかけて行われます。

打ち上げ場所と開催場所は霞城公園となります。

この大会では、約2時間にわたり1万5000発もの花火が次々と打ち上げられ、その美しさと迫力は圧巻です。特に見どころは、オープニングを飾る「遠州新居の手筒花火」です。

この手筒花火には200年以上の歴史があり、降り注ぐ火の粉が迫力があります。

観覧エリアは霞城公園東側の県民ふれあい広場に設置されます。

ここからは、尺玉の連続打ち上げや、会場近くで上がる大花火など、様々な花火を堪能することができます。

また、穴場スポットとしては、霞城公園ややまぎん県民ホール広場周辺、西公園、富神山などがあります。

これらの場所からは、混雑を避けつつ、花火をはっきりと見ることができます。

山形大花火大会は、毎年約4万人以上の見物客で賑わう山形のビッグイベントです。

この夏、ぜひ足を運んで、壮大な花火をお楽しみください。

きっと素晴らしい体験となるでしょう。

山形花火大会の歴史は?

山形大花火大会は、毎年8月14日に山形県山形市の須川河畔で開催される伝統的なイベントでございます。

1980年に始まり、当初は馬見ヶ崎川河畔で行われておりましたが、1999年からは須川河畔に会場が移りました。

この変更により、より大きな花火が打ち上げられるようになり、観客数も増加いたしました。

新型コロナウイルスの影響で2020年は中止となりましたが、2021年は無観客で、2022年は有観客で開催されました。

マスコットキャラクターのはなぽんも登場し、地元の定番イベントとして親しまれております。

山形花火大会に必要なものはある??

山形花火大会を心ゆくまで楽しむためには、以下のような持ち物をご用意されることをおすすめいたします。

1. ハンドタオル、ティッシュ、ウェットティッシュ:暑さや汗で肌がべたついた際に、快適に過ごすことができます。
2. 雨具:突然の雨に備えて、レインコートやポンチョをご用意ください。
3. 絆創膏:歩き回ることで生るじ水ぶくれや切り傷に対応できます。
4. 三脚、スマホホルダー、遠隔カメラシャッター:花火の美しい写真や動画を撮影するのに役立ちます。
5. うちわ、扇子、ハンディーファン:暑さをしのぐのに便利です。
6. 制汗シート、汗拭きシート:汗を拭き取るのに適しています。
7. 冷却スプレー、冷却タオルなどのひんやり系グッズ:暑さ対策に効果的です。
8. 水筒、保冷機能付きペットボトルケース、6缶用クーラーバッグ:飲み物を冷やして持ち運べます。

これらの持ち物をご準備いただき、山形花火大会を思う存分お楽しみください。

素晴らしい体験になることでしょう。どうぞお楽しみください。

山形のまとめ

山形大花火大会は、山形県山形市須川の河畔で開催される、山形県最大規模の花火大会です。

その主な特徴をご紹介いたします。

開催日時と場所は、2024年8月14日(月)の18:30から20:00まで、打ち上げ場所と開催場所は霞城公園です。

2時間にわたり約1万5000発の花火が打ち上げられ、特にオープニの「遠州新居の手筒花火」は見どころの一つです。

メインの観覧エリアは霞公城園東側の県民ふれあい広場で、ここからは尺玉の連続打上げや会場近くで上がる大花火などをお楽しみいただけます。

その他、霞城公園やぎん県民ホール広場周辺、西公園、富神山などが穴場スポットとしておすすめです。

毎年約4万人以上の見物客で賑わう山形大花火大会は、この夏の見逃せないイベントです。

壮大な花火をぜひご覧ください。素晴らしい体験となることでしょう。

お楽しみください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました