東北絆まつり2024仙台パレードの開催場所はどこ?日時や内容も

アフィリエイト広告を利用しています。

東北絆まつり2024仙台パレードの開催場所はどこ?日時や内容も トレンド
スポンサーリンク

東北絆まつり2024仙台パレードの開催場所はどこ?日時や内容も詳しく調べて紹介したいと思います。パレードの場所は、定禅寺通(晩翠通交差点)から東二番丁通(青葉通交差点手前)の間を往復いたします。開催日時は2024年6月9日(日)の13時30分から16時00分までとなります。

スポンサーリンク

↓この記事でわかること
東北絆まつり2024仙台パレード・場所はどこ?
東北絆まつり2024仙台パレード・日時はいつ?
東北絆まつり2024仙台パレード・内容は?
東北絆まつり2024仙台パレード・観覧席は?
東北絆まつりの歴史はいつから?
東北絆まつりのまとめ

について詳しく調べて紹介します。

東北絆まつり2024仙台パレード・場所はどこ?

東北絆まつり2024仙台パレードについてご案内いたします。

このパレードは、2024年6月9日の13時30分から16時まで、仙台市の定禅寺通(晩翠通交差点)から東二番丁通(青葉通交差点手前)間を往復するルートで開催されます。

パレードには、東北6都市の祭りが出演いたします。

具体的には、青森ねぶた祭、盛岡さんさ踊り、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつりが参加いたします。

観覧席につきましては、有料席と無料席がございます。

有料席はチケットぴあからご購入いただけます。

また、無料観覧エリアも設けられる予定です。

さらに、車椅子席(事前受付100席程)も設置される予定です。

このお祭りは、東日本大震災で犠牲となられた方の鎮魂と被災からの復興を願う「東北六魂祭」の後継イベントとして始まりました。

東北6県の結束を強め、心を一つにしていこうという想いが込められています。

最新の情報につきましては、公式ウェブサイトをご確認いただくことをおすすめいたします。

どうぞ、お祭りをお楽しみください。

東北絆まつり2024仙台パレード・日時はいつ?

スポンサーリンク

東北絆まつり2024仙台パレードは、2024年6月9日の日曜日に開催される予定です。

午後1時30分から午後4時までの時間帯に、仙台市の定禅寺通から東二番丁通間を往復するパレードが行われます。

東北6都市のそれぞれの祭りが一堂に会し、各地の魅力的なパフォーマンスをお楽しみいただけます。

観覧席には有料席と無料席があり、有料席のチケットはチケットぴあでご購入いただけます。

車椅子席も設置される予定です。

このお祭りは、東日本大震災の犠牲者を追悼し、被災地の復興を願う「東北六魂祭」の後継イベントとして始まりました。

東北6県が一体となり、心を一つにするという想いが込められています。

最新の情報は公式ウェブサイトでご確認ください。どうぞ、このお祭りをお楽しみください。

東北絆まつり2024仙台パレード・内容は?

東北絆まつり2024仙台パレードでは、東北6都市の各地の祭りが一同に会します。

それぞれの祭りの特徴は以下の通りです。

青森ねぶた祭は、青森県の表代的な夏祭りです。

巨大なねぶた(山車)が町を練り歩き、歴史的人物や神話の場面を描いた色鮮やかな絵と力強い囃子(はやし)の音が町中に響き渡ります。

岩手県盛岡市の夏祭り、盛岡さんさ踊りでは、「さんさ節」に合わせて手踊り、扇踊り、傘踊りの3種類の軽快なリズムの踊りが披露され、観客も一緒に踊ることができます。

秋田市の夏祭り、秋田竿燈まつりでは、男性たちが竹の棒に提灯をつけて肩に担ぎ、力強く踊る勇壮な姿が見られます。

宮城県仙台市の夏祭り、仙台七夕まつりでは、市内の商店街に色とりどりの七夕飾りが吊るされ、その美しさが訪れる人々を魅了します。

山形市の夏祭り、山形花笠まつりでは、華やかな花笠をかぶった踊り手たちが市内を練り歩き、華麗な踊りで山形の夏を盛り上げます。

福島市の夏祭り、福島わらじまつりでは、巨大なわらじ(草履)を担いだパレードやわらじ踊りなど、わらじをテーマにした多彩なイベントが行われます。

これらの祭りが一堂に会する東北絆まつりは、東日本大震災の犠牲者を追悼し、被災地の復興を願う「東北六魂祭」の後継イベントとして始まりました。

東北6県が一体となり、心を一つにするという想いが込められています。

最新の情報は公式ウェブサイトでご確認いただくことをおすすめします。お祭りをお楽しみください。

東北絆まつり2024仙台パレード・観覧席は?

東北絆まつり2024仙台パレードの観覧席につきましては、有料席と無料席が設けられる予定です。

有料席のチケットはチケットぴあにて購入可能で、詳細はそちらのウェブサイトをご確認ください。

一方、無料観覧エリアも設置されており、事前の予約やチケットは必要ありません。

当日に直接お越しいただけます。

また、車椅子をご利用の方のための観覧席も用意されております。

こちらは事前の予約が必要で、席数は約100席となっています。

これらの観覧席からは、青森ねぶた祭、盛岡さんさ踊り、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつりなど、東北6都市の華やかな祭りが一堂に会するパレードをお楽しみいただけます。

観客を魅了する素晴らしいパフォーマンスをご覧ください。

最新の情報や詳細につきましては、公式ウェブサイトをご確認いただくことをおすすめいたします。

お祭りを心よりお楽しみください。

東北絆まつりの歴史はいつから?

東北絆まつりは、2011年に始まった「東北六魂祭」から始まりました。

この祭りは、東日本大震災の鎮魂と復興を願い、東北6県の代表的な夏祭りを一堂に集めたものです。

2017年からは「東北絆まつり」として新たにスタートし、さらなる復興と未来に向けての歩みを続けています。

この祭りは、東北地域の人々の絆と復興の願いを込めて開催されています。

東北六魂祭から東北絆まつりへと変わり、東北地域の人々が一丸となって復興に取り組む姿勢が感じられます。

東北絆まつりは、東北地域の伝統と文化を大切にしつつ、さらなる発展を目指す祭りとなっています。

東北絆まつりのまとめ

東北絆まつりは、東日本大震災の鎮魂と復興を願う「東北六魂祭」の後継イベントとして始まりました。

この祭りには、青森ねぶた祭、盛岡さんさ踊り、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつりが参加しております。

2024年の仙台パレードは、6月9日の13時30分から16時まで、定禅寺通から東二番丁通間を往復するルートで開催されます。

有料席のチケットはチケットぴあにて購入可能ですし、車椅子席も設置される予定です。

このお祭りは、東北6県が一体となり、心を一つにするという想いが込められています。

最新の情報は公式ウェブサイトにてご確認ください。

どうぞ、お祭りを心ゆくまでお楽しみください。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました