ビリギャルの本人小林さやかと旦那が離婚!離婚理由や離婚歴など現在についても

アフィリエイト広告を利用しています。

ビリギャルの本人小林さやかと旦那が離婚!離婚理由や離婚歴など現在についても トレンド
スポンサーリンク

ビリギャルの本人小林さやかと旦那が離婚!離婚理由や離婚歴など現在についても詳しく調べて紹介したいと思います。「ビリギャル」のモデルで、現在コロンビア大学教育大学院に留学中の小林さやか氏(36歳)が、2度目の離婚を発表しました。

スポンサーリンク

↓この記事でわかること
小林さやかの離婚理由は?
小林さやかの離婚歴は?
小林さやかに子供はいるの?
小林さやかの現在は?
小林さやかプロフィール
小林さやか・まとめ

について詳しく調べて紹介します。

小林さやかの離婚理由は?

小林さやかさんが2度目の離婚に至った理由は、留学をきっかけに夫婦で渡米したものの、海外という未知の環境に住むことで、お互いの価値観や人生観が少しずつ変化したためだそうです。

それにより、二人が描く将来のビジョンがずれてしまったことから、「それぞれ別々に生きていくことが最良の選択肢」との結論に至り、今年1月に離婚が成立しました。

なお、夫婦に子供はいませんでした。

小林さんは今後もニューヨークに在住し、新たな挑戦を続けていく予定です。

7月には新しい本の出版、9月には映画「ビリギャル」の中国リメイク版の公開が控えています。

小林さんの離婚に対するネット上の反応は様々で、一部からは「自分のやりたいことを必ずやる行動力は羨ましいが、それが自己中心的で結婚には向かない」といった意見も出ています。

しかし、小林さん自身は「これからの人生が楽しみで仕方ない」と前向きな姿勢を示しています。

これからの小林さんの活動に期待が寄せられています。

小林さやかの離婚歴は?

スポンサーリンク

小林さやかさんは、これまでに2度の離婚を経験しています。

1度目の離婚については詳細が公表されていませんが、2度目の離婚については以下のような経緯が報告されています。

2024年1月、小林さんは3歳年上のITエンジニアの男性と離婚を発表しました。

当時、小林さんがコロンビア大学教育大学院への留学が決まった際、その男性は仕事を辞めて一緒に渡米しましたが、海外生活を送る中で、お互いの価値観や人生観が変わり、それが離婚の一因となったようです。

小林さんは、自分の人生を好きなように生きていくことを選んだと述べており、元パートナーに対しても、これからも自由に、幸せでいてほしいと願っています。

なお、小林さんはこれからもニューヨークに残り、新たな挑戦を続ける予定で、7月には新しい本の出版、9月には映画「ビリギャル」の中国リメイク版の公開が控えているとのことです。

小林さやかに子供はいるの?

小林さやかさんは、これまでに2回の結婚を経験しているものの、子供はいないようです。

現在は、自身の学びとキャリアに集中しているとのことです。

小林さやかの現在は?

小林さやかさんは現在、米国コロンビア大学教育大学院で認知科学プログラムを学んでいます。

高校時代は偏差値30台でしたが、慶應義塾大学に現役合格しました。

大学卒業後はウェディングプランナーとして働き、30代で海外留学を経験しています。

その後、聖心女子大学大学院の修士課程に進学し、2022年秋からコロンビア大学に入学しました。

パーティープランナーとしても活動する小林さんは、子供の教育にも力を入れており、全国で学生や保護者を対象に講演を行っています。

その子育て法については2019年に著書にもなっています。

私生活では26歳の時に居酒屋の店長と結婚しましたが、2018年に離婚しました。

その後、2020年にエンジニアの男性と再婚しましたが、2024年1月に離婚しています。

小林さやかプロフィール

小林さやかさんは、日本の大学院生です。

彼女は坪田信貴著のノンフィクション『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の主人公とされています。

愛知県名古屋市出身で、1988年3月15日生まれです。

高校2年生のときに出会った恩師、坪田信貴さんの指導のもと、猛勉強に取り組み、1年半で偏差値を40上昇させ、慶應義塾大学総合政策学部、関西学院大学、明治大学への現役合格を果たしました。

大学卒業後は約3年間、冠婚葬祭会社でウェディングプランナーとして働いていました。

その後、北海道札幌市の札幌新陽高等学校でインターンとして勤務しました。

2019年3月には、初の著書『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』を出版しました。

2021年3月には、聖心女子大学大学院文学研究科人間科学専攻教育研究領域博士前期課程を修了しました。

2022年3月には、コロンビア大学教育大学院とカリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教育情報研究科に合格し、コロンビア大学教育大学院に進学することを発表しました。

私生活では26歳のときに居酒屋の店長と結婚しましたが、2018年に離婚しました。

その後、2020年にエンジニアの男性と再婚しましたが、2024年1月に離婚しています。

小林さやか・まとめ

小林さやかさんは、日本の大学院生で、坪田信貴著のノンフィクション『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の主人公とされた女性です。

高校2年の時に出会った恩師、坪田信貴さんの指導で猛勉強に励み、1年半で偏差値が40上昇し、慶應義塾大学総合政策学部、関西学院大学、明治大学への現役合格を果たしました。

大学卒業後は、約3年間冠婚葬祭会社でウェディングプランナーとして勤めました。

その後、北海道札幌市の札幌新陽高等学校にインターンとして勤務しました。

2019年3月には、初の著書『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』を出版しました。

2021年3月には、聖心女子大学大学院文学研究科人間科学専攻教育研究領域博士前期課程を修了しました。

そして、2022年3月には、コロンビア大学教育大学院とカリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教育情報研究科に合格し、コロンビア大学教育大学院に進学することを発表しました。

私生活では26歳の時にバイト先の居酒屋の店長と結婚しましたが、2018年に離婚しました。

その後、2020年にエンジニアの方と再婚しましたが、2024年1月に離婚しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました