母の日のフラワーアレンジメントのバイト

アフィリエイト広告を利用しています。

姉は、母の日にフラワーアレンジメントを作る仕事をしました。
姉は月に1回、フラワーアレンジメントのレッスンを受けており、その先生の紹介で1日の短期バイトをすることになりました。

スポンサーリンク

作業場所は倉庫で、そこには机が置かれているだけでした。
姉の仕事は、生花をオアシス(緑色の吸水スポンジ)に挿して、母の日用のフラワーアレンジメントを作ることでした。

最初は見本を見ながら作業していたため、1つのアレンジメントを完成させるのに時間がかかりました。しかし、何個か作るうちに姉は覚えてきて、見本を見ずに挿すことができるようになったそうです。

バイトは朝から夕方までの時間でしたが、終了時間が近づくと作業が遅れてしまったため、指示として「細かいことは気にせず、どんどん挿して完成させてください」と言われたそうです。

姉はこの経験を通じて、「母の日の花は、こんな風に作られているのか」と考えさせられたそうです。

倉庫の中は生花を扱っていたため、温度が低く、寒いくらいだったそうです。

姉はフラワーアレンジメントを4年間学んでいますが、月に1回のレッスンであり、1月と8月は休みなので、年間で10回のレッスンに参加しているだけです。フラワーアレンジメントの心得がある方が良いかもしれませんが、作業は創作ではなく、見本通りに挿すだけなので、上級者でなくてもできる仕事だそうです。

日本全国のお母さんに送られるフラワーアレンジメントを作る作業に、日頃のレッスンの成果を活かしてみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました