ポスティングのバイト

アフィリエイト広告を利用しています。

以前、私はポスティングのアルバイトを経験しました。

スポンサーリンク

このアバルイトは、会社から広告チラシを受け取り、指定された地域に指定された期日までにチラシをポストに投函するものです。

私がこのアルバイトを選んだ理由は、以下の3つです。

まず第一に、期日までに終わらせれば、いつでも投函作業を行うことができるため、時間の自由が利くと思いました。

次に、内職やコンビニのバイトと比べて、ポスティングは歩き回るため、健康にも良いと思いました。

最後に、ポスティングは自分一人で行うため、人間関係の悩みを抱えることがないという点です。

ポスティングをする際には、天気予報を確認し、雨が降らず、暑くなりすぎない日を選びました。夏の暑い午後は体が辛くなるため、効率が悪くなることもあります。

広告チラシをリュックや斜めがけバッグに詰め込んで出発し、指定された地域でポスティングを行いました。

最初はリュックやバッグが重くて大変でしたが、時間が経つにつれて軽くなり、それがやる気の源になりました。

集合住宅では、管理人に許可を得てからポスティングを行いましたが、断られることも多かったです。

また、一部の家庭では「チラシ交換お断り!」のステッカーが貼られていることもありました。同僚の話では、間違ってそのようなポストに投函してしまい、トラブルになったことがあったそうです。その後、同僚は厳重な注意を受け、同じ過ちを繰り返さないようにしました。

実際にアルバイトをしてみると、予想外の出来事もいくつかありました。集合ポストがない場合やエレベーターがない場合は、階段で5階まで上り、各家庭のポストに投函しなければなりませんでした。広告チラシがまだまだ残っているときは、大変でした。

一軒家の場合、ポストが門の中にある場合は、門を開けて敷地に入らなければなりませんでした。悪いことをしているわけではありませんが、少し緊張しました。

一軒家のポストの場所がわからないことや、オシャレなポストの投函口がわからないこともあり、手間取りました。このアルバイトをしてから、一軒家を見ると「ポストはどこにあるのかな?」と気になるようになりました(笑)。

犬に吠えられるという驚きもありました。

新聞がポストに入っているときは、広告チラシを投函しにくかったです。早朝のポスティングは涼しくて効率が良いですが、その点がネックでした。

ポスティングするものは広告チラシや冊子、小さい新聞など様々です。複数の広告チラシを一緒に投函することもありますが、私は一枚の広告チラシだけだったため、全て徒歩でポスティングを行いました。他の人は自転車や車を使ってポスティングを行うこともあります。

私は体を動かすことが好きなので、ポスティングのアルバイトは楽しかったです。日焼けもしましたが、仕事を楽しんで行いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました