アルバイトとは

アフィリエイト広告を利用しています。

アルバイト募集の文字をよく見かける求人広告ですが、アルバイトをする人は小遣い稼ぎを目的としていることが多いですね。では、アルバイトとは具体的にどのような働き方なのでしょうか?

スポンサーリンク

アルバイトとパートは実は同じ仲間だというご存知でしょうか?アルバイトの定義は、パートタイム労働法に明記されています。パートタイム労働法は、短時間労働者が十分な能力を発揮できる雇用環境を整備し、正社員との待遇の均衡を保つことを目的としています。具体的な内容については、厚生労働省のホームページでパートタイム労働法をご確認ください。

要するに、正社員と比べて1週間の所定労働時間が短い労働者がアルバイトとなります。企業がパートやアルバイト、契約社員など様々な名称を使い分けている場合でも、パートタイム労働法の定義に当てはまる労働者は全て短時間労働者となります。

アルバイトをするのは学生、パートをするのは主婦というイメージがありますよね。それはアルバイトという言葉の語源に関係しています。アルバイトはドイツ語の「Arbeit」に由来し、仕事や労働を意味します。明治時代には学生が学業の合間にアルバイトをして生活費を稼いでいました。そのため、アルバイトは現在でも学生が学業の空いている時間に働くというイメージが定着しています。

アルバイトは夏休みや冬休みなど学業が休みの間や、短期の仕事に多く利用されています。そのため、資格や経験が必要な場合はあまりありません。多くの人は学業を終えて就職するため、アルバイトを辞めることが多いです。

実際の現場では、住所が不定な人も少なくありません。また、一度提出すればその後は住所の変更を届け出る必要はありません。通常のアルバイトでも履歴書不要をアピールするところもありますが、面接前に履歴書と同じような内容を書かせることが一般的です。履歴書を書いて持参するかどうかは、あまり意味がありません。写真を用意する手間が省ける程度のものです。自分にとって後悔しない職場を選びましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました