さよならマエストロの あらすじ・みどころや視聴率を紹介!

アフィリエイト広告を利用しています。

さよならマエストロ テレビドラマ
スポンサーリンク

「さよならマエストロ」というドラマは、多くの視聴者からの声を受けて注目されています。その中には、「面白い!」という絶賛の声もあります。主役の指揮者(西島秀俊さん)の演技は、どこか抜けた魅力があり、とてもお人好しで愛すべきキャラクターとして感じられます。そしてどんどんきれいになっていく芦田愛菜さんも魅力的な存在ですね。どうしても見逃した場合のために「さよならマエストロ」のあらすじやみどころを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

↓この記事でわかること

・さよならマエストロ・第 1話 あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 2話 あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 3話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 4話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 5話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 6話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 7話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 8話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第 9話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第10話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第11話あらすじ・みどころ・視聴率
・さよならマエストロ・第12話あらすじ・みどころ・視聴率
・主題歌・脚本
・さよならマエストロ 出演者
スポンサーリンク

さよならマエストロ・第 1話 あらすじ・みどころ・視聴率

第1楽章 それが彼の運命・1月11日放送

【あらすじ】

「さよならマエストロ」の第1話について。

この作品は、天才指揮者・夏目俊平とその娘・響の物語を描いています。俊平は5年前、ウィーンで素晴らしい指揮を披露し、聴衆を感動させましたが、その裏で娘の響が事故に遭ってしまいます。それ以来、俊平は指揮活動をやめてしまいました。

2023年、5年ぶりに日本に帰国した俊平は、妻・志帆からフランスでの仕事のために子供たちを頼むと頼まれます。再会した俊平と響の間には何かしらの溝が生まれています。

一方、晴見フィルハーモニー団長・古谷が俊平のもとを訪れ、志帆が約束した晴見フィルの指揮を頼まれます。俊平は最初は断りますが、結局はアドバイスをするようになります。

響は市役所で働いており、晴見あおぞら文化ホールの担当になります。そこで晴見フィルに出入りする俊平と再会し、冷たくあしらいます。

しかし、俊平は晴見フィルでの指揮を決意し、定期演奏会に挑みます。空席の中、俊平は団員たちに「音楽は人の心を救うことができる」と語り、ベートーヴェンの「運命」を演奏し、大成功を収めます。

以上が、「さよならマエストロ」の第1話のあらすじと見どころです。この作品は、音楽と家族の絆を描いた感動的なドラマであり、今後の展開が楽しみです。

また、第1話の視聴率は世帯で11.4%、個人で7.2%でした。前クールの「下剋上球児」の初回視聴率10.8%を上回る好スタートとなりました。今後のドラマの展開と視聴率の推移にも注目です。

さよならマエストロ・第 2話 あらすじ・みどころ・視聴率

スポンサーリンク

第2楽章 エンディングオーケストラ、誕生・1月18日放送

【あらすじ】

「さよならマエストロ」の第2話について、詳しく紹介します。

このエピソードでは、志帆が日本にいることが明らかになります。志帆は仕事でフランスに行ったと思われていましたが、実は日本にいて、そのことは古谷だけが知っていました。古谷は、5年前にドイツにいた頃から俊平と響が疎遠になったことを心配していたのです。

一方、俊平は晴見フィルの指揮者を引き受けることになります。そして、新たな団員を募集することになります。その中には、フルート奏者の瑠李や、指揮者を志望する女子高生の天音が含まれています。

また、チェロ奏者の羽野蓮が登場します。彼は一度音楽を辞めて父の会社で働いていましたが、俊平の誘いにより、再び音楽の世界に戻ってきます。

視聴率についても触れておきます。第2話の視聴率は、世帯で11.1%、個人で6.7%でした。前回と同様の視聴率を維持し、安定した数字を記録しました。

以上が、「さよならマエストロ」の第2話のあらすじ、見どころ、視聴率についての詳細な説明です。このエピソードでは、新たな団員の加入や志帆の秘密など、物語がさらに深まる重要な展開がありました。これからのエピソードも楽しみですね。

さよならマエストロ・第 3話あらすじ・みどころ・視聴率

第3楽章 田園コンサートの奇跡・1月25日放送

【あらすじ】

「さよならマエストロ」の第3話について詳しく紹介します。

このエピソードでは、俊平がコンサートを提案しますが、市からの圧力によりホールが使用できなくなってしまいます。晴見フィルには不穏な雰囲気が広がります。プロの羽野がメンバーの演奏ミスなどを厳しく非難し、大輝は練習を途中で抜け出します。最悪の状況の中、俊平は斬新なアイデアで演奏の場所を提案します。

響は上司から晴見フィルを妨害するよう命じられますが、俊平と話す機会を得ます。俊平は響に幸せかどうか尋ねると、響は「時間がかかっても、自分の生き方を見つけ出そうとしているんだよ! 違う道を進むんだ!」と反発します。

俊平は音楽からも響からも逃げないことを決意し、晴見フィルのコンサートをある場所で開催します。それは道の駅で行われている晴見マルシェです。人々が多く集まっている場所で意図的にコンサートを行うのです。さらに、俊平は大輝と羽野の2人に喧嘩している最中に「田園」の第二楽章を演奏させます。

視聴率についても触れておきます。「さよならマエストロ」の第3話の視聴率は、10.9%で2桁をキープしました。

以上が、「さよならマエストロ」の第3話のあらすじ、見どころ、視聴率についての詳細な紹介です。このエピソードでは、新たな団員の加入や志帆の秘密など、物語が一層深まる重要な展開が描かれています。今後のエピソードも楽しみですね。

また、主題歌と脚本についても触れておきます。「さよならマエストロ」の主題歌は、アイナ・ジ・エンドさんが歌う「宝者」で、作詞作曲もアイナ・ジ・エンドさんが手掛けています。この曲は、ドラマの世界観を引き立てる切なさが感じられるバラードとなっています。

脚本は、映画やドラマ、舞台などのストーリーを詳細に書き起こしたもので、登場人物のセリフや行動、場面の描写などが含まれます。脚本は、監督や俳優たちが作品を制作するための指南書とも言えます。「さよならマエストロ」の脚本は大島里美さんが担当しており、大島さんは早稲田大学を卒業後、2003年に「第16回フジテレビヤングシナリオ大賞」で佳作を受賞し、脚本家としてのキャリアをスタートさせました。

スポンサーリンク

さよならマエストロ・第 4話あらすじ・みどころ・視聴率

第4楽章 勘違いな恋の喜劇・2月1日放送

【あらすじ】

「さよならマエストロ」の第4話について詳しく説明いたします。

このエピソードでは、大輝と天音と蓮が響のバイオリン演奏を目撃します。彼らは響の卓越した技術に驚きます。大輝は晴見フィルで親子共演を提案しますが、響は演奏していたことを絶対に内緒にして欲しいと頼みます。その代わり、天音はバイオリンのコーチをすることを条件に出します。ただし、コーチは1回5分間だけです。天音はひそかに練習して、師匠の俊平に「すごい!」と褒められたいと思っていました。

志帆と俊平は公園のベンチで5年ぶりに対面し、話し合います。志帆はフランスに行っていなかったこと、海のことをバレていることを明かしますが、響にはまだ知られていません。志帆は、響と俊平の関係修復のためには自分がいない方がいいと考えています。

視聴率についても触れておきます。「さよならマエストロ」の第4話の視聴率は、世帯で10.6%、個人で6.6%でした。

以上が、「さよならマエストロ」の第4話の詳細なあらすじやみどころ、視聴率についての説明です。このエピソードでは、新たな団員の加入や志帆の秘密など、物語が一層深まる重要な展開があります。これからのエピソードも楽しみですね。

また、主題歌と脚本についても触れておきます。「さよならマエストロ」の主題歌は、アイナ・ジ・エンドさんが歌う「宝者」で、作詞作曲もアイナ・ジ・エンドさんが手掛けています。この曲は、ドラマの世界観を引き立てる切なさが感じられるバラードです。

脚本は、映画やドラマ、舞台などのストーリーを詳細に書き出したもので、登場人物のセリフや行動、場面の描写などが含まれます。脚本は、監督や俳優たちが作品を創り上げるための指南書とも言えます。「さよならマエストロ」の脚本は大島里美さんが担当しています。大島さんは、早稲田大学を卒業後、2003年に「第16回フジテレビヤングシナリオ大賞」で佳作を受賞し、脚本家としてのキャリアをスタートしました。

 

さよならマエストロ・第 5話あらすじ・みどころ・視聴率

 

さよならマエストロ・第 6話あらすじ・みどころ・視聴率

 

スポンサーリンク

さよならマエストロ・第 7話あらすじ・みどころ・視聴率

 

さよならマエストロ・第 8話あらすじ・みどころ・視聴率

 

さよならマエストロ・第 9話あらすじ・みどころ・視聴率

 

さよならマエストロ・第10話あらすじ・みどころ・視聴率

 

さよならマエストロ・第11話あらすじ・みどころ・視聴率

 

さよならマエストロ・第12話あらすじ・みどころ・視聴率

 

スポンサーリンク

主題歌・脚本

「主題歌」と「脚本」について、詳しく説明します。

2024年のドラマ「さよならマエストロ」の主題歌は、アイナ・ジ・エンドさんが歌う「宝者」で、作詞作曲もアイナ・ジ・エンドさんが手掛けています。この曲は、ドラマの世界観を引き立てる、切なさが感じられるバラードとなっています。

「さよならマエストロ」の脚本は大島里美さんが担当しています。大島さんは、早稲田大学を卒業後、2003年に「第16回フジテレビヤングシナリオ大賞」で佳作を受賞し、脚本家としてのキャリアをスタートしました。
以上が「主題歌」と「脚本」についての説明でした。

スポンサーリンク

さよならマエストロ 出演者

 

氏名 生年月日
西島秀俊 1971年3月29日
芦田愛菜 2004年6月23日
宮沢氷魚 1994年4月24日
新木優子 1993年12月15日
當真あみ 2006年11月2日
佐藤緋美 1999年12月19日
久間田琳加 2001年2月23日
大西利空 2006年5月16日
石田ゆり子 1969年10月3日
淵上泰史 1984年4月30日
津田寛治 1965年8月27日
満島真之介 1989年5月30日
玉山鉄二 1980年4月7日
西田敏行 1947年11月4日

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました