電動キックボード免許必要なの?不要になったのはいつから理由は?

アフィリエイト広告を利用しています。

電動キックボード免許必要なの?不要になったのはいつから理由は? トレンド
スポンサーリンク

電動キックボードの運転には、性能や大きさによって免許の必要性が異なります。2023年7月1日の法改正により、一部の電動キックボードは免許不要で公道を走行することができるようになりました。この法改正の目的は、電動キックボードの性能や実際の使用状況に基づいて、適切な交通ルールを確立し、交通秩序を維持することです。

スポンサーリンク

↓この記事でわかること
・電動キックボード免許必要なの?
・不要になったのはいつから理由は?
・★★★★★★★★
・★★★★★★★★
まとめ

 電動キックボード免許必要なの?

電動キックボード免許必要なの?

電動キックボードについて、詳細な説明をお伝えいたします。

電動キックボードは、地面を蹴って進む「キックボード」に電動モーターが搭載された乗り物です。発進時に地面を蹴れば、その後はモーターの力で進むことができます。

2023年7月1日の法改正により、一部の電動キックボードは免許不要で公道を走行することが可能になりました。そのため、日常の移動手段として利用を考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、特定小型原動機付自転車としての基準を満たさないモデルは、走行時に免許の携帯が必要となります。購入の際には注意が必要です。

特定小型原動機付自転車とは、以下の条件を全て満たすものを指します。
– 車体の大きさ:長さ190センチメートル以下、幅60センチメートル以下
– 車体の構造:時速20キロメートルを超えて加速することができない構造であり、走行中に最高速度の設定を変更することができないこと。また、オートマチック・トランスミッション(AT)であること。さらに、最高速度表示灯(灯火が緑色で、点灯又は点滅するもの)が備えられていること。

上記の条件を満たすモデルは、免許を持っていなくても運転することができます。一方、これに当てはまらない場合は、車両区分に応じた免許が必要となります。

また、特定小型原動機付自転車の中でも、一定の基準を満たすものは「特例特定小型原動機付自転車」として扱われ、歩道の走行など特別なルールが適用されることがあります。

電動キックボードには、最高速度表示灯、ウィンカー、尾灯・制動灯、バックミラーなどの主な保安部品があります。

電動キックボードを運転する際には、運転者はもちろんですが、自動車運転者も注意が必要です。電動キックボードは自転車レーンだけでなく車道を走行することもありますし、二段階右折や小回り右折をすることもあります。これらのルールを把握しておけば、車道内での電動キックボードの振る舞いを予測することができ、事故やトラブルを未然に防ぐことができます。

不要になったのはいつから理由は?

スポンサーリンク

電動キックボードについて、詳しく説明させていただきます。

電動キックボードは、車輪とハンドルのついた板に乗り、地面を蹴って進む「キックボード」に、電動モーターが搭載された乗り物です。地面を蹴って発進すれば、あとはモーターの力で進むことができます。

2023年7月1日の法改正により、一部の電動キックボードは免許不要で公道を走行できるようになりました。そのため、日常の移動手段として電動キックボードを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、特定小型原動機付自転車の基準を満たさないモデルは、走行時に免許が必要ですので、購入の際には注意が必要です。

特定小型原動機付自転車とは、以下の基準を全て満たすものを指します。
– 車体の大きさ:長さ190センチメートル以下、幅60センチメートル以下
– 車体の構造:時速20キロメートルを超えて加速することができない構造であること。走行中に最高速度の設定を変更することができないこと。オートマチック・トランスミッション(AT)であること。最高速度表示灯(灯火が緑色で、点灯又は点滅するもの)が備えられていること。

これらの条件を満たしているものは、免許が不要で運転することができます。ただし、これに該当しない場合は、車両区分に応じた免許が必要となります。

また、特定小型原動機付自転車の中でも一定の基準を満たすものは、「特例特定小型原動機付自転車」として扱われ、歩道の走行など特別なルールが適用されます。

電動キックボードには、最高速度表示灯(最高速度に応じて点灯・点滅が切り替わる)、ウィンカー、尾灯・制動灯、バックミラーなどの主な保安部品があります。

電動キックボードを運転する際、運転者はルールを守るのはもちろんですが、自動車運転者も「電動キックボードは自転車レーンだけでなく車道を走ることがある」、「二段階右折をする電動キックボードと小回り右折をする電動キックボードがある」といったルールを知っておくことで、車道内での電動キックボードの振る舞いを予測し、事故やトラブルを未然に防ぐことができます。

以上が、電動キックボードについての詳細な説明です。参考になれば幸いです。

まとめ

電動キックボードについてのまとめをご紹介いたします。

– 電動キックボードは、車輪とハンドルのついた板に乗り、地面を蹴って進む「キックボード」に、電動モーターが搭載された乗り物です。
– 2023年7月1日から施行される改正道路交通法により、16歳以上であれば、公道で電動キックボードを運転する際の免許が不要となり、ヘルメットの着用が任意となります。これにより、大幅な規制緩和が実施されることとなりました。
– この法改正の目的は、電動キックボードの性能や使われ方に基づき、適切な交通ルールを定めることです。

以上が電動キックボードに関するまとめとなります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました