赤ちゃん,わがまま,原因

アフィリエイト広告を利用しています。

赤ちゃんの悩み 悩み相談 解決法 赤ちゃんの悩み

赤ちゃんがわがままになる原因とその対処法について、詳しくお伝えいたします。

スポンサーリンク

まず、赤ちゃんがわがままになる主な原因は以下の3つです。

– 言いたいことがあっても上手に伝えることができないこと
– 自分がやりたいことがあるのにできない、させてもらえないこと
– 体調がすぐれないとイライラしてしまうこと

これらの原因を理解することで、赤ちゃんのわがままに対する対処法が見えてきます。

赤ちゃんはまだ自分の欲求を抑えることができないので、わがままになるのは当然なのです。ですので、赤ちゃんがわがままを言ったりしたときは、共感を示し、優しく対応してあげてください。

また、赤ちゃんが突然わがままになったことについて、お世話の大変さを嘆いたり、心配する必要はありません。むしろ自分の要求を表現できるようになった成長を喜ぶべきです。

生まれたばかりの赤ちゃんには興奮する本能の他に、快・不快の二つの気持ちしかありません。それが体の感覚や脳の発達によって段々と細分化され、もっとああしたい、こうしたいという欲求が生まれてくるのです。

そのため、10ヶ月程度の赤ちゃんが自分の欲求を頻繁に伝えてくることは、非常に正常な発達だと言えます。そして、この感情の発達は大人との愛着の強さによってもたらされると言われています。

つまり、親や身近な保護者がきちんと愛情を持って接することで、赤ちゃんの感情が豊かになっていくのです。ですので、10ヶ月の赤ちゃんがしっかりと自分の不快だという感情を自覚し、さらにそれを表現できているのであれば、子育てがうまくいっているという証拠なのです。

一部では、甘やかして抱っこばかりしていると抱っこ癖がつくという意見もありますが、今はたくさん愛情を示し触れてあげることが大切な時期です。もちろん家事や自分の用事を優先する必要がある場合もありますが、しつけのためを考えるなら、赤ちゃんの要求に積極的に応えてあげるべきです。

1歳を過ぎてくると、だんだんと自分でやりたいという欲求が見られるようになります。常に大人にべったりと甘えるのではなく、自立する気持ちが芽生えてくるのです。すると、現在の悩みも徐々に解決していくでしょう。

以上が赤ちゃんがわがままになる原因とその対処法についての説明です。赤ちゃんの成長と共に、親も一緒に成長していくことが重要です。赤ちゃんのわがままは、その一部と言えるでしょう。どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました